ビジネスは「人」で成り立つ

ビジネスの基本的なことになりますが、「人」対「人」で成り立ちます。

例えば、僕の仕事は美容師ですが、これは完全に「人」対「人」になりますよね。
ネットの場合は違うと思う方もいらっしゃるみたいですが、パソコンの向こう側にも「人」がいるので、これも共通して言えることですよね。

掘り下げていけばいくほど、最終的には「人」が残ります。
お客様が、相手をどう感じたかによって商品が売れるでしょうし、リピーターになってもらうためにどうするかなど、商売では「人間性」が求められます。

 

ネットで、あなたがブログで稼ぎたいと思ったとします。
この時に、誰かが作ったブログの記事などを参考にしながら作っていきますよね。
もしくは、その方に直接教わって作ってみたいと思ったりします。

これが正に「人」の部分になりますよね。

ブログの作り方がすごくわかりやすく解説してあれば、その時点であなたは

「この人のブログが凄くわかりやすい」

「この人の解説が丁寧で信用できそう」

このような感じで思ったりしたのであれば、その方の「人間性」にも魅力を感じているということになりますよね。

わかりずらかったら、絶対にその方のブログを参考にもしないし興味も持たないと思います。

 

一瞬で「お客様の心を鷲掴み」できたら、お客様は必ずあなたの元へやってきてくれますし、更にはリピーターにもなってくれるはずですよ。

リアルなビジネスでの人間性

僕は美容室を経営していますが「人間性」については、かなり気を配っています。

僕の地元では美容室がすごくたくさんあります。
3年前に八戸市の人口に対しての美容室の数は日本一になったということです。
これは、市の調べで言っていたものです。

このような激戦区の中での生き残りは非常に大変ですよね。

そこで大事になるのがお店の美容師全員がお客様に「プラスαのサービスができているか」で非常に変わってくると思います。

僕が関東で働いていた時には、スタッフが15人位いるお店で店長をしていましたが、ある程度大きい会社になってしまうと、会社のやり方を守らないといけないため融通が効かせられなかったのですよね。

そこでスタッフにわからないように、こっそりと割引もしてあげていました。
これは会社が損をするようにしていたわけではなく、「僕の自腹」でレジに割引分のお金をこっそり入れていました。

入れないと最後の集計で金額が合わなくなるので(笑)

 

例えば、月に2回来る方もいらっしゃいます。

でも、僕の場合は月に2回も来てくれているのであれば少し位の割引は当たり前だと思っています。
割引と言っても、当時¥8400のカラーカットで月に2回の時だけ¥1000引きです。

このちょっとした金額の割引でも、お客様はすごく喜んでくれますし、次にも月に2回で来てもお得になるからと言って来店してくれるようになります。

更には、自分の指名のお客様になってくれれば「歩合制」ですので自分にも結果的には返ってくるということですよね。

 

基本的には毎月来店してくれているお客様で、月に2回来る時が年に半分あったとすれば、年間で18回の来店になってくれますので、そのお客様がリピーターで来てくれる限り「生涯売上」は年12回より6回も多いため、かなりの金額になります。

そのことも考えて、月に2回の時にはほんのちょっとだけ割引をしても利益は大きくなります。
どちらかと言うと、月に2回来てもらうために割引をしているということですね。

 

今の自分で経営している美容室でも3週間に1度来るお客様が何人かいますので、そのお客様には毎回少しの割引きをしているのですね。

このちょっとした気遣いがお客様を喜ばせてあげられるので「リピーター」になってくれると思います。
これだけではないですが、「融通がプラスα」になっているはずなのですよね。

これで自分がお店をやっている限り、お客様が気に入って一生リピートして頂ければ、他のお客様よりも「生涯売上」は断然変わります。

「人間性」を出すには、リアルビジネスだと直接のお客様との距離感を縮めることが可能になりますので、最初の行動が大事になりますよね。

もちろんこの他にも、たくさんの「人間性」がありますけどね。

ネットビジネスでの人間性

ネットとはいえ、向こう側には「人」がいることはお話ししました。

これを考えるとリアルのビジネスと同じことが言えますが、絶対的に違うことは「顔が見えない」ということが大きいと思います。

 

例えば、気になる教材を購入しようかと思いお問い合わせをしたとします。
その時にはお問い合わせフォームかメールでの質問になると思うのですが、この時には顔は出しませんよね?

もしSkypeなどで顔を見せてくれれば、ほとんど商談やセールスと同じようなリアルビジネス状態にはなるでしょうけど、基本的に顔を出して通話する方は少ないのではないでしょうか。

人は顔が見えないときには、「警戒心」を強く持ってしまいます。
更に緊張もしてしまうので「心のシャッター」が閉じている状態ですので、なかなか親近感や信頼関係を作ることが難しいのですよね。

そこで重用なのが「声」になりますね。

この「声のトーン」「話し方」で、相手は第一印象を脳で作ってしまいますので、第一声のトーンは意識しておくと、印象が良いものになってきます。

 

その後に、お客様が解決したいことが何なのかをしっかりと聞いてあげて親身になってあげること。
共感もしてあげることが出来れば、お客様はあなたのことを徐々に信頼してくれるようになってきます。

この時に、お客様の声のトーンや話し方が段々変わってきて夢中になってくれれば、もうひと押しで「心を鷲掴み」にできると思います。

そして、お客様に

「これを使うとどんな明るい未来が待っているのか」

を想像させてあげることにより、お客様も具体的な未来が見えてくれば商品を購入してくれたり、コンサルを受けてくれたりします。

 

しかし、その後が更に重用です。

売ったらそれでおしまいではなく、そこから「これでもか」と言うくらいのGiveをしてあげて価格以上の価値を提供していき、「お客様の期待値を遥かに超える」ようなことをすることにより、確実にあなたから離れられなくなります。

そこまでできれば、一生のパートナーとしてビジネスを展開することもできますし、お互いにWinWinにいきますので2人が幸せになります。

 

僕自身も師匠にこのことを教わり、そして師匠にはこのこともたくさんやってもらいました。
その後もずっと一緒に繋がっていけるパートーナーとして今でもコミュニケーションを取りながら、たくさんのアドバイスも頂いています。

人間性を一言で例えるなら

「人」に喜んでもらい感謝をしてもらい相手を絶対に幸せにできる方が、「人間性」として素晴らしい方なのではないかと思います。

 

次は、ネットビジネスのジャンルについて進めていきますね。

⇒ ネットビジネスのジャンルはたくさんある

質問を受け付けております

質問があればなんでも質問してください。

 お問い合わせはこちらから

 

LINEですとその日で返せると思います。

友だち追加

LINE ID  @qxc2259a

上記で出ない場合はID検索でお願い致します。
*アーチュという名前で出ます(僕のお店の名前です)
@も忘れずに検索をお願い致します。